2007年 07月 30日 ( 1 )

癒しフェアのお手伝い♪ in TOKYO

週末、東京のビッグサイトで「癒しフェア」というイベントが行われていたのですが、
29日の日曜日にひょんなことから急遽知り合いのサロンの出店のお手伝いを
することになり行ってきました♪

ホピ(北米のネイティブアメリカンです)のイヤーキャンドルセラピーなのですが、
もちろん私はイヤーキャンドルの勉強をしたことがないので、
ブースにいらした方へ説明したりご案内したりの接客をしていました。

そこで驚いたことが。
このブログを読まれている方、
イヤーキャンドルってご存知ですか??

蜜ろうで筒状に作られたキャンドルを耳の穴にあてて火をつけるものなんですね。
火はつけますが、熱かったりやけどをしたりとかは全くありません。
むしろほんのり温かいので、受けてる間はほわ~んと気持ちよく眠ってしまいます。

私は去年そのサロンで初めてその存在を知っって(はずかしながら私の勉強不足です)
体験したのですが、そのブースにいらっしゃる方は既にご存知の方も多くて、
「耳垢取りでしょ?」とのことでした。
えーと、ちょっと違うんですけど…(^^;
そこで行ってるのは、「耳垢なんかむしろどうでもいい」くらいの勢いで、もっと深ーい
レベルの浄化をしています。

なのでそれを説明するのが結構大変でした。
私の体験からお話しすると、耳から入ってくることって本人が気づいてなくても結構
深いストレスになってしまってるんですよね。

例えば騒音もそうですし、私の場合は人の悪口とかできれば聞きたくないタイプです。
自分で話すのもあんまり、です。
でも友達同士だと特に仕事の愚痴などを聞くことってよくありませんか?
私自身もそんなストレスになっていたとは気づいてなかったのですが、身体の方は
そういうことに拒否反応をしていたみたいで、イヤーキャンドルを受けてみて驚くくらい
耳が通り、小さな音でも聞こえるようになりました。

耳がこれ以上聞きたくないよー、もう無理。と、シャットダウンしていたのです。
気づかないところで耳はがんばってくれていたようです。
そんなこともあるんですね~。
人間の身体ってやっぱり不思議でおもしろいです(^^

これは私の主観なので個人差もあると思うのですが、そういったことも
キレイにしてくれるので、精神的にも身体的にもかなりすっきりするんですよ~。
なので、TVなどで「耳垢がこんなに取れます」といった紹介をご覧になって、
癒しフェアの会場で「耳垢取り」と一言で言われてしまうと、ちょっっぴり切ない
気持ちに…。(><)

でもこれってオーラソーマでも言えることです。
雑誌やテレビでは、占いのような感じで紹介されていることが多いのですが、占い
とは全く違うんですよね。
なのでそういった本来のものから少しずれてしまっていることを、きちんと説明して
伝えていくのも課題なんだろうなぁ、なんて考えさせられました。

マスコミの影響力は、やはりとても大きいですね。


あと、欲を言えばリンクさせていただいている「セラピストここだけの話&開業日記」の
makiさん
もセンセーションカラーセラピーで出店されていたので、受けてみたかったなぁ。
そんな時間は全くありませんでした。。。残念。
オープン前にブースが近かったのでちょっぴりおじゃまして、センセーションのお話を
伺って、ますます興味津々になりました♪


★☆blogランキングへ☆★ 
↑ランキングに参加しています
クリック応援ありがとうございます♪

[PR]
by aroma-ciel | 2007-07-30 03:25 | よりみち話

こんにちは!アロマとカラーで「ココロ」と「カラダ」の開放を☆*・゜*:.。   千葉・船橋のリトリートサロンciel(シエル)のレムリアンセラピストsonoeです


by aroma-ciel
プロフィールを見る
画像一覧